お金を借りる 審査 緩い

お金借りる審査緩い


お金借りるときに行われる審査方法とは

銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングなどでお金借りるとき、決して誰もが審査に通り融資を受けられるとは限らないものです。
お金借りることができる金融会社というと全国展開している大手銀行や大手消費者金融に始まり、中小規模の消費者金融など探してみると多数あります。
できれば低金利で借り入れができるところの利用者になれると安心感がありますので銀行カードローンで融資を受けられれば理想的です。
しかし、テレビCMなどで大々的に宣伝していますので、多くの人が申し込むことからどうしても審査が厳しくなっています。

 

消費者金融カードローンや銀行系消費者金融などそれぞれの審査基準で判断されていますが、大手はスコアリングシステムという方法を用いて審査を行っています。
このスコアリングシステムとはどのようなやり方で審査を行っているのでしょうか。

 

申し込みフォームに氏名や住所、勤務先や勤続年数、雇用形態などを入力します。
他にも現在の住まいに住んでいる年数、実家暮らしか一人暮らしか、他社からの借り入れの有無や融資総額など幅広い質問に答えます。
これらのデータはスコアリングシステムでスコア(点数)に算出され、その合計数が高いほど審査に有利になります。

 

ではどのようにスコアはつけられているのでしょう。
職種の種類を例にあげてみます。
最も点数が高いのは、上場企業に勤務する会社員や公務員の方で5ポイントつきます。
次は正社員の方で4ポイント、アルバイトや派遣社員、自営業、外資系社員などの方が3ポイント、芸能人や水商売などで2ポイント、日雇い仕事をされている方は1ポイントという順番です。

 

これらの方法で他の項目も算出されますが、全国共通している基準ですので、例えばどこの消費者金融ATMから申し込みをしても平等に審査が行われることになります。

 

審査緩いといわれる中小消費者金融は、スコアリングシステムを利用していません。
独自の方法で審査をしていることから、機械で評価を出すのではなく担当者が直接対面するなどし判断していますので、審査緩いというより判断に柔軟性があるということなのです。

 

カードローンやキャッシングは融資された資金は、住宅ローンや自動車ローンなどのように使途が決まっていませんので、好きなことに使用できます。
なににでも利用できるからといってやみくもに使ってしまうのではなく、返済計画をしっかり立ててから借り入れをするようにしましょう。

 

 

 

▲トップに戻る

キャッシングやカードローンの審査緩い時期がある

お金借りるためには、最初に金融業者が行う審査に通らなければなりません。
審査が厳しいところに申し込んでしまうとその分断られる可能性が高くなるでしょうから、審査緩いところがあればそういったところを選びたいものです。

 

どの金融業者にも共通するといわれているのが、決算の前と、新規でキャッシングやカードローンのサービスがスタートするときに審査緩い傾向があることです。
決算の前の時期というのは銀行や消費者金融に限った話ではありませんが、どんな業種でも数字を上げたいときです。
目標の数字がありますので、これを達成するためにセールやキャンペーンが増えます。

 

会社によって年度末の3月というところもあれば、半年に一度だったり、4半期開示をしているところなら3ヶ月毎に私たち消費者にとって有利な価格や設定になります。
お金借りる必要性がでてきたときに決算時期が近いようでしたら、このタイミングを狙い、決算より早過ぎたり遅すぎたりしないように気を付けて申し込みをするといいのではないでしょうか。
3月の年度末より早くても、目標の数字達成に力を入れているところは2月、企業によっては1月にも動き出していますので、情報収集してみてください。

 

決算時期ではないけれど今すぐお金借りる必要があるという場合、新商品を始めたところ、キャンペーン中のところなどを探してみましょう。
キャンペーンなどはいつでもやっている可能性がありますので、ホームページなどですぐにチェックできます。

 

大型店やショッピングモールなどにいるとき、新規登録のキャンペーンで声掛けしているのをよく目にします。
金融機関そのものが新しいわけではなくても、すでにあるところでも新しいサービスがスタートすればそのタイミングで会員を増やす促進活動が行われます。

 

通常の時期でしたら審査落ちしてしまう申し込み者であっても、ある程度のことは目をつぶって審査に通りやすくなるなんてラッキーですよね。
運よく利用者になれたら、ある程度借入れをし、きちんと返済を守るということを続けていきましょう。
すると、1円も融資を受けたことがない人よりも、しっかり返済能力のある人だという信頼が蓄積されていきます。
こうして信頼が高まれば、借入れの上限金額アップもできるようになります。
審査緩いチャンスを自分のものにし、目標額を借りられるようにしていきましょう。

 

 

 

▲トップに戻る

銀行カードローンの審査は消費者金融が行っている?

お金借りるところとして理想的なのは、金利が低くて名前が知られている大手銀行だという人が多いことでしょう。
銀行でもカードローンを扱っており、店頭に行くと広告が貼ってあったり、店内に申し込みができる自動契約機が設置されていたりなどしますね。

 

銀行カードローンなのだから申し込みをしたら当然その銀行が審査を行うのかと思いますが、実際には保証会社である消費者金融が行っています。
保証会社は、例えば銀行カードローンの利用者が返済を遅延し滞納してしまった場合、本人に代わって保証会社である消費者金融が返済をしています。
保証会社があることによって銀行はたくさんの個人に無担保、連帯保証人なしで融資ができるようになっています。
銀行カードローンで延滞してしまうと、利用者は代わりに支払ってくれている保証会社(消費者金融)に借金をしていることになります。
返済するのは、その保証会社です。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでしたら、大手消費者金融として有名なアコムが保証会社をしています。
アコムは三菱東京UFJ銀行バンクイックだけでなく第三銀行カードローン、じぶん銀行カードローン、ソニー銀行カードローンなどの保証会社でもあります。

 

一般的に銀行よりも消費者金融の方が審査緩いイメージを持たれていますので、初めから銀行カードローンを利用することをあきらめてしまう方もいます。
しかし、このように保証会社を確かめてみることで、審査に通る可能性を期待できるようになるかもしれません。
保証会社がどこかは、ホームページでも公開されています。

 

とあるアコムが保証会社を行っている銀行カードローンで審査に通過したら、その他のアコムが保証会社をしているところでも絶対審査に通るかというと、そういうわけではありません。
それぞれの銀行カードローンによって異なるということです。

 

審査緩いかどうかを読む数字の一つに、審査通過率というものがあります。
審査通過率の数字が高ければ高いほど、申し込みをして審査に通っている人の割合が高いということです。
審査通過率はIR情報に載っておりホームページで発表されています。
数字を比べてみて、どこの金融機関からお金借りるかを決めるというのも一つの方法です。
大手消費者金融の審査通過率を比較し、数字が高いところが保証会社をしている銀行カードローンに申し込みをしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

▲トップに戻る

年収が少なくてもお金借りる

インターネットにはキャッシングやカードローンのさまざまな情報が公開されていますので、中には審査緩いのではと予想される消費者金融特集なども組まれています。
検索すればすぐに出てくるので、本当に便利ですよね。
しかし、いくら他の人にとっては審査緩い金融業者でも、申し込みになんらかの原因があればそのことを改善しない限りいつまで経ってもお金借りることはできません。
審査に引っかかってお金借りることができないとしたら、どのような原因が考えられるでしょう。

 

融資を受けるということは元金に利息をつけた金額を返済しなければなりませんので、年収が高い人ほど審査に通りやすいのではと考えられがちです。
でも、年収が少なくても審査に通過してキャッシングができている人はたくさんいます。

 

審査のポイントの1つに、安定した収入があることというのがあります。
実際に審査に通っている人で年収が高くない人の収入を見てみると、おおよそ月々10万円くらい以上の月給でしたら問題ないという結果でした。
世間的には毎月の給料が約10万円というと決して高収入の部類には入りませんが、安定収入であるということが審査にいい影響を与えているようです。

 

これまでもしくは現在他社からの借入れがあり長期的に滞納したことがあると、審査に悪影響がでてしまいます。
一定の期間はそのことが信用情報機関に登録されてしまいますので、もしかしたらそのことが原因で悪い結果になるかもしれません。

 

信用情報機関によって異なるのですが、5年などの期間を過ぎれば遅延のデータのは消去されますので、大昔のことでしたら他の原因を探してみるべきでしょう。
長期延滞の他に債務整理などをしていると信用情報機関に登録されますが、そちらも一定期間後にはデータはなくなります。

 

金融機関側としては融資をしたお金が回収できなければ貸し倒しとなり、赤字につながります。
返済が遅れがちな人だとわかれば、信用して貸し付けをすることが困難になるのも仕方がないことです。
現在他社から借りているお金で遅れているものがあれば、そちらを返済したあとに申し込みをした方が無難です。

 

 

 

▲トップに戻る

審査緩いといわれる中小消費者金融で知っておくべきマイナスポイント

お金借りる必要に迫られたとき、どこでもいいからといってうっかり闇金や悪徳業者に引っかかってしまわないよう気を付けることが大切です。
全国的に名前が知られている大手の銀行カードローンや消費者金融に申し込みをしたが断られてしまったという場合、中小消費者金融で再チャレンジしてみると審査に通過できるということがあります。

 

確かに中小消費者金融というと、店舗数が少ない傾向があります。
しかし、インターネットから24時間いつでも申し込みができたり、近くのコンビニATMで借入れや返済ができるなど、支店まで足を運ばなくても利用できるところが多数あります。
大手が利用しているスコアリングシステムを利用せず独自の判断基準で審査をしているため、他社では審査落ちしても借り入れができる可能性が十分あるのです。
他社で落ちたのに通るなんて審査緩いように思われそうですが、判断基準が根本的に違いますので、もちろん信用できないと判断されれば落とされてしまうのは当然のことです。

 

大手では通らなかったのに融資を受けられるなんて、中小消費者金融はいいところなのですが、マイナスな部分もないわけではありません。
どんなマイナスポイントがあるのか把握した上で、申し込みをするか決めてはいかがでしょう。

 

返済するときには元金に利息をプラスするのですが、中小は大手より高金利なこともあります。
申し込み時にお金借りる希望額を申告し、審査を行った上で上限が決定します。
大手はそもそもの一人当たりに貸し付け可能な上限額が高いですが、中小は少な目です。
しかし、本当に困っているときは希望する全額の融資が受けられないとしても、少しでも借りられたら助かるということもあります。
そのときの状況に応じて判断してください。

 

中小消費者金融の中には、審査のときに必ず一度は店舗まで行かなければいけないところもあります。
そのことはホームページに書かれていますので、遠方にお住まいで営業時間内行くことができるかなどしっかり確認しておきましょう。

 

 

▲トップに戻る