審査のゆるい所 お金借りたい

審査のゆるい所でお金借りたい


専業主婦や学生でもお金を借りる審査に通る?

お金を借りる必要性がでてきたら、審査落ちしないように基準が緩いところを選んで申し込みたいところです。
特に緊急の場合には、審査が緩いところで1回目から確実に融資を受けられることが理想的でしょう。

 

主なお金を借りるところというと、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなどがあげられます。
貸し付けをしている金融機関という意味で、銀行と消費者金融はほぼ同じようなイメージを持たれているかもしれません。
どちらを選んでも大差はないかというと、規制されている法律が異なりますので、そのことが審査にも影響してきます。

 

消費者金融会社は貸金業法という法律が定められていますので、融資金額の上限は申し込み者の年収の3分の1までという総量規制が設けられています。
銀行は貸金業法とは無関係なので、総量規制対象外です。

 

ということは、消費者金融から借入ができる人は年収を得ている人、つまり収入がある人にしぼられています。
つまり、専業主婦や学生さんがお金を借りる場合、消費者金融では審査が緩いかどうかという以前に断られてしまいますが、銀行なら申し込み可能です。
収入がないのに借りることができるというのは、例えば学生さんなら親権者から同意を得ている、専業主婦なら安定収入がある配偶者がいる、定年退職後でも年金収入があるなどという方は銀行カードローンで借りられます。

 

では、銀行カードローンには総量規制対象外だということの他にも、消費者金融にはないどんなメリットがあるでしょう。
まず、銀行は融資以外でも貯蓄などさまざまなサービスが提供されていますので、一般的に消費者金融より信頼度が高いといえます。
金利はお金を借りる上で大きな基準になり、低いほど返済額が少なくすむので完済しやすくなりますが、銀行は消費者金融より低金利です。

 

銀行ということで口座を開設していないと借りるのは難しいのではと思われがちですが、口座がないままでも借入OKなところがたくさんあります。
総量規制対象外ということで、大きな金額を借りたいときに消費者金融で断れてしまった場合でも消費者金融なら、年収の3分の1以上の審査に通ることも期待できます。

 

 

▲トップに戻る

消費者金融の方が銀行より審査が緩そうな理由

銀行カードローンと消費者金融会社のキャッシングは、どちらも連帯保証人や担保なしでお金を借りることができますので、困ったときの心強い存在です。
お金を借りるためには、申し込みをしたときに審査を受け通過することが大前提にあります。

 

銀行というと都市銀行や地方銀行などの種類がありますが、いずれもしっかりとした安心感のある金融機関です。
一方の消費者金融はというと、テレビコマーシャルを大々的に打てるような大手から、支店窓口が全国に1店舗だけのところも多い中小規模の消費者金融までいろいろあります。

 

規模の違いがいろいろあるということは、中小規模の消費者金融会社ほどその分債務整理や破産などの金融事故歴があっても比較的緩いところまであり助かります。
そのようなことから、全般的なイメージも消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンより審査が緩いように見えるのかもしれません。

 

保証会社の存在も、審査の緩いところを選ぶ上で見逃せないポイントです。
銀行カードローンは基本的に保証会社がついています。
そもそも銀行は住宅ローンや自動車ローンは行っていたものの、個人向けの融資は行っていませんでした。
そこへ保証会社をつければ、もし個人のお客様の返済がとどこおってしまってからも、保証会社が肩代わりしてくれますので、不利益を被るリスクがありません。

 

銀行カードローンに申し込むと審査に2つ通らなければならないので、その分緩いとはいえないかもしれません。
2つの審査があるといってもこちら側からの申し込みは1回きりで、そこから審査されますから、手続きが面倒ということありません。

 

申し込みがあると、すぐに審査が開始されます。
審査が2つということは、その分結果がでるまで長くかかることも予想できます。
即日融資を希望するなどお急ぎの場合は、銀行カードローンより消費者金融のキャッシングに申し込んだ方が早いでいるでしょう。

 

 

▲トップに戻る

消費者金融の審査が銀行より緩いのはなぜ?

 

同じ金額の融資を受けるにしても、消費者金融でキャッシングをするのと銀行カードローンで借入をするのとでは金利や利用限度額が違ってきます。
消費者金融の方が緩い審査に通りやすい傾向があるのですが、どうしてそんなことが可能なのでしょうか。

 

確かに同じ申し込み者に対して審査をするとき、消費者金融でも融資をしたお金がしっかり手元に戻ってくることを重要視しています。
しかし、もしそうならずにお金が返ってこなくても、消費者金融では初めから金利を高めに設定してするので、損失がでても埋められるようになっています。

 

一方の銀行カードローンは保証会社をつけており、もし利用者が納期までに返済しなくても、銀行が直接損失を受けずにすみます。
年収がない学生さんや専業主婦の方などでも、安定収入がある配偶者や親権者がいることなどが確認できれば会員になれます。

 

銀行は貸金業法ではありませんので、総量規制の対象ではありません。
そのことから、申し込み者の年収の3分の1までしか貸し付けできないという上限がないことが消費者金融とは違うメリットです。

 

銀行カードローンと消費者金融の利用限度額を比べてみると、大幅な違いがあることがわかります。
例えば、住信SBIネット銀行の場合では、金利が1.9〜7.99%ととても良心的で、利用限度額は1,000万円と高額でです。
みずほ銀行カードローンは金利が4.0〜14.0%、利用限度額が1,000万円でこちらも有利な内容です。
同じく銀行カードローンでは、オリックス銀行カードローンも魅力的です。
金利は3.0〜17.8%、利用限度額は800万円となっています。

 

銀行カードローンに続いて、消費者金融についてもチェックしてみましょう。
大手消費者金融のプロミスは、金利が6.3〜17.8%、利用限度額は300万円で、やはり限度額が銀行カードローンより大幅に下がってしまいます。
モビットはが金利が3.0〜18.0%、利用限度額は800万円なので、消費者金融の中でも銀行系並みにまとまった借入が可能なところが秀でています。

 

大手ばかりでなく中小消費者金融を見てみると、金融ブラックで債務整理をしている方などでも契約ができることが多いので、審査が緩い融通の利く良心的なところが特徴的です。
中小消費者金融であるフクホーの場合は、金利が7.3〜18.0%、利用限度額が200万円となっています。

 

ご自身の現在おかれている条件から、審査が通ることが期待できるところをピックアップし、その中で金利などの数字が有利なところを厳選してみてはいかがでしょう。

 

 

▲トップに戻る

利用限度額が高いが審査が厳しい銀行から融資を受けるには

 

銀行からこれから融資を受けようという方も多いことでしょう。
銀行は知名度が高いですし、よく名前も知らない消費者金融に比べたらそう簡単には経営破たんすることもなさそうなイメージがあります。
お金に関するやり取りをするところを選ぶわけですから、安定感があり安心して申し込みができるところに決めたいものです。

 

消費者金融ではなく銀行を選ぶことには、大きなメリットがあります。
それは消費者金融のように貸金業法ではないので、銀行には総量規制がないところです。
総量規制とは、申し込みをした人に対し年収の3分の1までしか貸し付けできないという法律のことです。

 

キャッシングをしたい人は会社員などばかりではなく、専業主婦や学生さんなどの今は直接収入が入っていない方も少なくありません。
そもそも収入や年収がないわけですから、総量規制が定める年収の3分の1までしか融資を受けられないという決まりに反してしまいます。
このことから消費者金融は利用できないので、銀行になります。

 

直接の収入がない専業主婦や学生さんも申し込みというと、なんだか審査が緩い、誰でも受け入れてくれるところのように誤解されるかもしれませんが、実際には消費者金融より厳しいところです。
もし貸し付けしたお金が返済されなければ、貸し倒れをすることになり銀行の経営にも影響しかねません。
貸し倒しから銀行を守るためには、どうしても審査が緩いどころか厳しくなっています。

 

緩い審査のところをお探しなら、多少は貸し倒しがあってもダメージが少ないようにあらかじめ金利を高めの設定にしている消費者金融の方が適しています。
審査が緩いことから、その分利用限度額が銀行カードローンより大幅に低めの設定になっています。

 

銀行が審査を行うとき、最も重要視あしていることの1つが申し込み者が安定収入を得ているかどうかということです。
審査を行ってみて安定感の面で難しいと判断されれば、利用が困難になることが多いといえます。
具体的には債務整理をしたことがあったり、申し込み時点で他社からも借入をしていて、返済が滞納しがちだったりなどすると審査でいい結果は得られにくいでしょう。
銀行サイドの立場に立ってみて、貸し倒れを防ぐために審査をしていると考えれば、おのずと審査落ちしやすいことがわかってくるのではないでしょうか。

 

 

▲トップに戻る

緩い審査でお金を借りることのリスク

 

キャッシングやカードローンでお金を借りると決めたとき、審査に落ちて1円も借りられないことは避けたいので、どうしても審査が緩い金融機関を選びたくなります。
しかし、安易に審査が緩いということだけで選んでしまうと、高金利で返済が困難になるなどのリスクがついてきますから、十分契約内容に納得できる場合のみ手続きをするように気を付けてください。

 

審査が甘く通りやすいということは、高い金利をつけて貸し倒れした場合の負債の埋め合わせができるように相手側も手を打っています。
最も金利が良心的なのは銀行で、次は消費者金融ということになりますが、間違って闇金を選んでしまったら高い利子を支払うはめになります。

 

現在の法律では、貸付金額がいくらまでなら金利は何十%までなど上限を定めています。
法律で定められた金利かどうかが一目見てわかるようになっていればいいのですが、闇金はすぐに気が付けないようにしているので注意してください。

 

何%などの表示をせずに、例えば1万円の融資に対して返済額は12,500円などという表現をしてきます。
法律では1ヶ月あたりなどの一般的な期間で表現されていますが、闇金の場合は10日間でいくら返してなどという言い方をしてくるのです。

 

ただ、闇金側も銀行や消費者金融と同様に、貸したお金が戻ってこずに貸し倒しすることだけは避けたいと考えています。
そのため、うっかりでも闇金を利用する人は金銭的に切羽詰まっていることを前提とし、短期間の貸し付けをするというやり方を行います。
1回に融資をする金額を少なくし、例えば10日間で1万円を貸し付けするなどという形をとります。

 

こうした闇金の手口にはまらないようにするには、ご自身が利用する業者が貸金業登録を行っているのかを確かめるようにしてください。
金利の割合をだして違法に高過ぎるのではないか、総量規制を上回っていないかなどもチェックしておきましょう。
ちょっとしたことのようですが、後悔することがないよう忘れずに確認してから契約してください。

 

▲トップに戻る