古典的な消費者金融にも新しい風が

古典的な消費者金融にも新しい風が

審査の緩い消費者金融では、カードローンではなく、振込キャッシングの方法を用いているところが多いです。
これは、キャッシングの利用をする時に、カードで自由に引き出すのではなく、キャッシングのたびに連絡をして振り込んでもらう方法です。
そして、返済もカードで返済、引き落としではなく、銀行などで振込しなくてはならない方法です。
ちなみに申し込みのときには、WEB完結ではなく、審査に通ったのなら、契約書にサインをして送り返して、初めてキャッシングができるシステムです。
または、直接来店をしなければ契約ができないところもありますが、ここでは即金でお金を借りることができます。

 

要するに、審査が緩い金融機関では、手軽にカードローン、手軽にキャッシングという感じではないということです。
WEBは申し込みだけの話で、あとは古典的な申し込みが待っています。
提出書類も多く、結構面倒ですが、その方法を買えずに、その手間がかかるけれど、きちんとできる人であるかを確認する意味もあるようです。
毎回振込で返済をするのは、手数料などもかかりますが、結構大変な作業です。
それを忘れた場合は、延滞になってしまう。
そんな危機感を持ちながらお金を借りる事の重大さを分かってもらうための手間と、金融業者のコストの問題もあるのでしょう。
カードローンにすることで、何もかも新しくしなくてならないことでの設備投資も結構かかります。

 

そこで、最近になって、審査の緩い消費者金融ができたところでは、ローンカードの形にしたり、コンビニなどで利用ができるなど大手消費者金融並のサービスを行っているところもあります。
そして、顧客獲得のため、少し審査を甘めにしているという口コミもあるのですが、これは金融業者にしてみては一つの賭け、冒険といえるでしょう。

 

現在、日本で営業している審査の甘い消費者金融の大半が長い歴史の在る老舗的な存在です。
そこに新規参入した形での消費者金融はさぞかし大変かと思いきや、新システムの導入とやはり甘い審査が口コミで評判になり、あっという間に申し込み者が続出しているということです。
こうした情報はとても広がりが早いですから要チェックです。
これからも新規参入には注目ですが、必ず1番手になるのではなく、そこが単に審査が緩い消費者金融であり、決して闇金ではないことを確認した上で検討するようにしてください。
最近は、既存の消費者金融と似たような名前の闇金も出現していることから注意が必要です。

古典的な消費者金融にも新しい風が関連ページ

審査が緩いということは…
審査が緩い消費者金融は何がすごいのか?それはお金を借りることが容易になるということです。初めてキャッシングの申し込みをする方は、“審査に落ちる”意味は不明でしょう。これは、利用者がそれ以上お金を当社の審査では貸すことができないので、今回は諦めてくださいという宣告です。当社の審査とは、金融会社独自のもので、統一されたものではありません。
審査時間が長いのは困ってしまうけれど
一般的に審査の緩い消費者金融では、審査時間が長いし面倒なようです。消費者金融大手では、最近は早い審査で即日融資が得意です。いち早くキャッシングができますというのが大きな売りになっていますが、銀行カードローンも同様に、すぐにキャッシングができると宣伝をしています。
専業主婦と消費者金融 絶対に無理ではないけれど
専業主婦の消費者金融の利用は原則的にできないことになっています。総量規制が関係する法律では、無収入の方への貸付はできないことになっていて、働いていない方には借入が出来ません。しかし、銀行カードローンは、専業主婦であっても、低い限度額ですが利用ができます。