審査が緩いということは

審査が緩いということは…

審査が緩い消費者金融は何がすごいのか?
それはお金を借りることが容易になるということです。
初めてキャッシングの申し込みをする方は、“審査に落ちる”意味は不明でしょう。
これは、利用者がそれ以上お金を当社の審査では貸すことができないので、今回は諦めてくださいという宣告です。
当社の審査とは、金融会社独自のもので、統一されたものではありません。
公表はしていないのですが、
・大手消費者金融
・中小消費者金融
の大きく区別することができます。
この境界線で、中小消費者金融になると審査が緩いと判断されます。
大手消費者金融での審査に落ちた方が、中小消費者金融での審査でお金を借りることができたという情報は多数見受けられます。
ということは、審査が緩いということは、一度は借りられないと落ち込んだ方でも、再び借りられるという希望を持つことができる存在であるということなのです。
それもやっと借りられたという感想が多いことから、この審査が緩いということは、一部の方にとっては、とても有り難いことだというが言えるでしょう。
こうした審査に関する消費者金融特集のサイトは種類も多いのです。
必ず出てくる消費者金融の名前があったり、ここの成約率は高いとか、総量規制対象外のまとめローンにも対応などの情報が満載です。
特に、あちこちのサイトで、同じ消費者金融が出てきますが、それは信用できる証拠です。

 

一方お金を借りると言えば、銀行系カードローンの方法もあります。
こちらはそんなに種類はないのですが、メガバンク、ネット銀行などの名前が出てきます。
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、イオン銀行などですが、こちらの審査はとても厳しいです。
消費者金融とは全く違う審査があり、貸付け関する法律も違います。
たいてい、厳しいといわれる大手消費者金融の審査に通ったとしても、銀行系カードローンでは借りられなかったという口コミが多いです。
銀行カードローンに関しては、金利が低く、借入限度額が高いため、それだけでまとめローンにも使えるメリットがあるローンカードです。
申し込みはしたものの、撃沈でしたという報告が多いことから、最初から心して申し込みを考えると良いでしょう。
消費者金融と銀行の審査の決定的な違いと言うのは、確かな事は言えないのですが、銀行系カードローンに申し込みをするときには、多重債務をしていないことと、少しでも高い収入であることが必要というのですが、定かではありません。

審査が緩いということは…関連ページ

審査時間が長いのは困ってしまうけれど
一般的に審査の緩い消費者金融では、審査時間が長いし面倒なようです。消費者金融大手では、最近は早い審査で即日融資が得意です。いち早くキャッシングができますというのが大きな売りになっていますが、銀行カードローンも同様に、すぐにキャッシングができると宣伝をしています。
古典的な消費者金融にも新しい風が
審査の緩い消費者金融では、カードローンではなく、振込キャッシングの方法を用いているところが多いです。これは、キャッシングの利用をする時に、カードで自由に引き出すのではなく、キャッシングのたびに連絡をして振り込んでもらう方法です。そして、返済もカードで返済、引き落としではなく、銀行などで振込しなくてはならない方法です。
専業主婦と消費者金融 絶対に無理ではないけれど
専業主婦の消費者金融の利用は原則的にできないことになっています。総量規制が関係する法律では、無収入の方への貸付はできないことになっていて、働いていない方には借入が出来ません。しかし、銀行カードローンは、専業主婦であっても、低い限度額ですが利用ができます。